View From The Throne

BLOG

猫が好きだけど、実際に何日も一緒に過ごして思ったこと

実は僕、猫が結構好きです。

いや、スヌーピーも好きなので犬も好きです。

それも猫種、犬種ともに狙いが定まっています。

まず猫はロシアンブルーという猫が好きなのですが、実はJacobが飼っている猫がこのロシアンブルーだったのです。

それがトップ画像の猫です。

可愛らしい見た目とは反対に、極悪ブラックメタル始祖的な人物の名前を名付けていたような・・・ヴァルグだったっけ・・・。

あ、ちゃんと調べたらヴァルグ・ヴィーケネスですね。

なんであんな可愛い子にそんな極悪な名を・・・。

この猫に限らず、アメリカではJacobの猫に加えてルームメイト&サポートベーシストのJohnの猫二匹、そしてJacobの彼女の犬などなど犬と猫に囲まれて、猫と犬が好きだと思っていた僕にとって嬉しい環境かと思いきや・・・。

荷物が毛むくじゃらになって大変でした。

それに床も毛だらけで、靴で家の中にいることもあって、ストレッチするために床に横になるのが怖いほど。

やっぱり友達の家で遊んだり、Youtubeで見て「可愛いな、欲しいな」と感じるのと、リアルで触れて試してみるのとでは全然違うなと勉強になりました。

え、これって犬、猫に限らない!?

いや、でもすっごく可愛かったし、もっと環境を整えて飼えば自分でもイケると思いますけどね。

だけどリアル体験の大切さと身をもって知りました。

まぁそういう感じで僕はまずは自分で経験することを重んじる派ですが、将悟なんかは片っ端から情報収集して、口コミを調べて、ぜーんぶリサーチしまくって万全の体制で飼いはじめる、みたいな感じで、人によってタイプが別れるみたいです。

その性格タイプが事細かく綴られた本があって、それについてもいずれ書きたいのですが、また今度の機会に。

ではでは!