View From The Throne

BLOG

『筋膜リリース』というものが流行っている(僕の周りで)

今日は結婚式前に髪型を整えるために錦糸町のカリスマ美容師バッシーさんにパーマとカットをお願いし、錦糸町のエクセルシオールなうです。

ふぅ・・・。

先日ストレッチに関する話を紹介しまして、その中で「自分は毎日ストレッチをしているから肩凝りがほとんどありません」と書きましたが、早速その投稿の次の日あたりから肩周辺に違和感がありまして、少しだけ「やっちまった」感を味わっています。

おかしいな・・・

毎日ストレッチしてるのにな・・・

とはいえ、ストレッチが魔法の施術ではないので致し方ないかなというところ。

ぶっ続けで仕事したりするとやっぱり負担掛かるみたいですね。

でもストレッチをしていなかったらもっとマズイ状況になっている可能性もあるので、毎日のストレッチを勧める僕ですが、そんな僕をよそに僕の周りでは「筋膜リリース」たるものが流行っています。

「○スマ」や「ためして○○!」といった某テレビ番組でも紹介されていたらしいのですが、「ストレッチとは別次元の効果!」と言われるほど、身体に良いらしいです。

筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻す」というエクササイズのようで、間接の可動域を広げたり、筋肉を柔らかくしてくれるとのこと。

要は「コリをほぐして、イイ感じになる」と僕は解釈しましたが。

ということで大阪に評判の整体師さんがいるらしく、僕の周りの人たちは予約しはじめているみたいです。

しかし。

ここで僕が首をかしげてしまうのが、そもそもストレッチをする習慣もなかったのに、この「筋膜リリース」たるものに食いつくのはちょっと順番が違うのではないかな・・・というところ。

BPM=120の16分音符をツーバス連打ができないのに、いきなりYoshikiに憧れてBPM=180のツーバス連打目指します!みたいな。

僕は整体分野に関しては素人なので、もしかしたらストレッチって案外専門的なもので、筋膜リリースの方がベーシックなものかもしれいないけど、人って「スゴそう」なものとか、「華があるもの」とか、そういったところに手を伸ばしやすいんですよね。

とはいえ、そういったサービスを提供する側、売る側としてはそこを突破口にして売り込む訳です(僕もそういったプロモーション資料を多少書くので・・・)。

なので人は実のところ、肩こりを治したいのではなく「肩こりを治すために頑張っている」という充実感を求めている側面がある気がします。

ということで買い手と売り手の視点が若干ゴチャゴチャになってしまいましたが、そんなことを思った今日この頃です。

ではでは!

–【2ndアルバム”Death I Am”発売中】–

【Death I Am オフィシャル通販サイトはこちら⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️】
※アルバム、Tシャツ、帽子、ポスター等の物販が購入できます※

Screen Shot 2016-08-13 at 10.24.57 PM