View From The Throne

BLOG

プログレがアツい

昨日はDeath I Amの初代ドラマーの松倉さんがDream Theaterのカバーバンドでライブをするとのことだったので、将悟と一緒に見てきました。

僕は変拍子に苦手意識がありまして、変拍子の塊である(ちゃんとカウントしたことがないので、偏見かもしれないけど)Dream Theaterをやるなんてなんてこった、と興味津々だったのです。

そしてライブが始まるとまずはセットアップからイケイケでして、通常のセットアップに加えて4本のキャノンタムが!

あれで一気にプログレ感めっちゃ出ますよね。

めっちゃいい音だったし、僕も欲しくなっちゃいました。

そしてライブの内容も秀逸で”Metropolis”シリーズを中心にアンコールまで楽しませていただきました。

久々にDream Theaterを聴いて思い出したけど、僕も将悟もDream Theaterをはじめとしたプログレメタルには結構影響を受けていて、もっと前面に出したいなと思った次第です。

変拍子云々というよりかは、型にはまらない曲の構成とかそういう面かな・・・。

というのも僕は”Secret Sphere”という「メロスピ✖️プログレ」なイタリアのバンドにハマっていた時期がありまして、これが中々いい具合にプログレッシブなバンドだったのです。

知っている人いるかな・・・。

2000年代前半あたりにマニアックなメロスピファンの間では神バンドとして崇められていたと記憶しているんですが・・・。

僕なりに思ったのがSecret Sphere(特に↑のアルバムは)は良い具合にプログレ要素をオーソドックスな「イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ・・・」という展開と混ぜていたんですよね。

あんまり複雑過ぎるとついていけないけど、この具合でプログレッシブ要素が混じるのって素敵だなぁとい感じ。

ちなみに僕の中ではXのArt Of Lifeなんかもこの類です。

オーソドックスな展開が基にはなっているけど、間奏部分が複雑になっていたり、サビが二つあったりして、プログレッシブな内容になっている、という感じ。

そんな感じで「プログレ」というキーワードについて色々と考えた夜でした。

ではまた!

–【2ndアルバム”Death I Am”発売中】–

【Death I Am オフィシャル通販サイトはこちら⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️】
※アルバム、Tシャツ、帽子、ポスター等の物販が購入できます※

Screen Shot 2016-08-13 at 10.24.57 PM